ニコン、光加工機「Lasermeister 1000SE/1000S」を発売

ニコン、光加工機「Lasermeister 1000SE/1000S」

発表日:2021年09月29日
超短パルスレーザーと内蔵の非接触3D計測で、高精度かつ容易に除去加工が可能
光加工機「Lasermeister 1000SE」「Lasermeister 1000S」を発売

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、超短パルスレーザー(※1)による除去加工(※2)で、高精度な平面仕上げや微細加工を実現する光加工機「Lasermeister 1000SE」「Lasermeister 1000S」の2機種を発売します。
※1 超短パルスレーザー:数フェムト秒(1000兆分の1秒)から数ピコ秒(1兆分の1秒)のパルス幅をもつレーザー。対象物への熱ダメージが少ないなどの特長をもつ。
※2 除去加工:対象物の表面を削って加工する方法。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る