オリンパス、顕微鏡用デジタルカメラ「DP23M」を発売

オリンパス、顕微鏡用デジタルカメラ「DP23M」

発表日:2021年11月04日
培養細胞の経過観察など、生きた細胞の蛍光観察に最適
顕微鏡用デジタルカメラ「DP23M」を発売
観察時間を短縮させる機能を搭載し、サンプルダメージ低減と作業者の負担軽減に貢献
オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼CEO:竹内 康雄)は、顕微鏡用デジタルカメラ「DP23M」を2021年11月4日(木)から国内で発売します。顕微鏡用カメラの「DP」シリーズは、ライフサイエンス分野で観察対象をモニターに表示しながら、観察や画像撮影を行うことができます。今回発売する「DP23M」は、蛍光観察(※1)の性能に特化したモデルです。

※1 無色透明の細胞に蛍光色素を導入し、色素から発せられた微弱光を観察する方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る