ダイキン工業とオカムラ、オフィス内で自然の風を再現する「ウィンドユニット」を商品化

ダイキン工業とオカムラ、オフィス内で自然の風を再現する「ウィンドユニット」

発表日:2021年11月11日
未来のオフィス point 0プロジェクト初の商品化案件
オフィス内で自然の風を再現する『ウィンドユニット』を商品化

空調メーカーのダイキン工業とオフィス向けソリューションのオカムラが共同開発
株式会社point0(本社:東京都千代田区、代表取締役:石原隆広)が運営する会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」(※1)での実証を経て、このたび、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 兼 CEO:十河政則、以下「ダイキン工業」)と株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:中村雅行、以下「オカムラ」)が、自然の風を再現する『ウィンドユニット』を共同で開発しました。これは、ダイキン工業が開発した自然の風を再現する大型送風機「Wind Creator」を、オフィス向けソリューションを強みとするオカムラが展開する家具シリーズ「Lives(ライブス)」のシェルフに組み込み、ユニットとして新規開発したものです。オカムラにて2021年11月より発売します。未来のオフィス空間を実現していくための空間である「point 0 marunouchi」で実証実験を行ったプロジェクトとしては、初めての商品化となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る