オリンパス、消化管における早期がんやポリープなどの内視鏡的治療に対応した高周波焼灼電源装置「ESG-150」を発売

オリンパス、消化管における早期がんやポリープなどの内視鏡的治療に対応した高周波焼灼電源装置「ESG-150」

発表日:2021年11月24日
消化管における早期がんやポリープなどの内視鏡的治療に対応
高周波焼灼電源装置「ESG-150」を発売

シンプルなモード選択により、ニーズに応じた切開・凝固性能を簡単に調整可能
オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼 CEO:竹内 康雄)は、医師の求める切開・凝固性能を、手技に応じて簡単に選択し、出力できる高周波焼灼電源装置「ESG-150」を2021年11月24日から国内で発売します。
オリンパスは、経営理念「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」のもと、医師の方々を技術的にサポートし、内視鏡の手技開発にも貢献してきました。今ではポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)や、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層はく離術)、EST(内視鏡的乳頭筋切開術)などの手技(※1)により、消化管の早期がんやポリープなどであれば多くの場合内視鏡的治療で低侵襲に切除可能とされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る