島津製作所、従来品に比べ騒音を最大30%低減した静音化設計ギヤポンプ「Serenade SRP300シリーズ」を発売

島津製作所、従来品に比べ騒音を最大30%低減した静音化設計ギヤポンプ「Serenade SRP300シリーズ」

発表日:2021年12月14日
電動化ニーズに対応する静音化設計ギヤポンプを発売
欧州大手フォークリフトメーカーで採用決定
島津製作所は、従来品に比べ騒音を最大30%低減した静音化設計ギヤポンプ「Serenade SRP300シリーズ」(以下、本ギヤポンプ)を新たに開発し、発売しました。各方面で二酸化炭素排出量削減の取組みが進むなか、フォークリフトに代表される産業車両や建設機械分野においても、駆動源をエンジンから電動機に置き換える動きが強まっています。当社は、駆動源電動化による油圧機器の騒音低減ニーズに対応するため、4年前から開発に取り組んできました。2年前に、環境規制の厳しい欧州の大手フォークリフトメーカーに試作品を納入し性能を評価いただいた結果、その優れた静音性を評価いただき、今回量産採用いただくこととなりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る