GMO ReTech、エイブル向けに「入居者アプリsumca(スムカ)」を提供開始

GMO ReTech、エイブル向けに「入居者アプリsumca(スムカ)」を提供開始

発表日:2022年01月04日
不動産テック事業を推進するGMO ReTech、株式会社エイブル向けに「入居者アプリsumca(スムカ)」を提供開始
GMO インターネットグループのGMO TECH株式会社の連結会社で、不動産テック事業を推進するGMO ReTech株式会社(代表取締役社長:鈴木 明人 以下、GMO ReTech)は、「賃貸運営を楽にする」をミッションとして賃貸運営のDXプラットフォーム「GMO 賃貸 DX」を提供しております。
GMO ReTechはこれまでの不動産DX製品開発で得た知見と技術力を元に、株式会社エイブル(以下、エイブル)向けに、お客様の入居時のお申込みから入居後のサポート、退去申請までに至る一連のフローをデジタル化し、エイブル店舗(一部エリア・機能除く)と入居者間のオンラインでのコミュニケーションを実現する「入居者アプリsumca(スムカ)」を開発し、2022年1月4日(火)より提供を開始いたしました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る