パナソニック、4Kチューナーを2基内蔵したブルーレイディスクレコーダー 全自動ディーガを発売

パナソニック、4Kチューナーを2基内蔵したブルーレイディスクレコーダー 全自動ディーガを発売

発表日:2022年04月21日
チャンネルまるごと自動録画(※1)・自動消去でネット動画のように楽しめる、4Kチューナー内蔵全自動ディーガ(※2)
ブルーレイディスクレコーダー新製品
4Kチューナー内蔵 全自動ディーガ(※2)2機種を発売
AIが嗜好を分析して見たい番組をおすすめする「おすすめ録画一覧(AIおすすめ)」
パナソニック株式会社は、4Kチューナーを2基内蔵したブルーレイディスクレコーダー 全自動ディーガ(※2)「DMR-4X1002」「DMR-4X602」を5月27日より発売します。
※1:【DMR-4X1002】8チャンネルのうち、BS・110度CSデジタル放送は最大3チャンネルまで選択可能。【DMR-4X602】4チャンネルのうち、BS・110度CSデジタル放送は最大3チャンネルまで選択可能。録画日数は15倍録モードの場合。自動メンテナンス中はチャンネル録画や再生、ダビングなどの一部の機能が使えません(毎日5分程度)。チャンネル録画用のハードディスク容量がいっぱいになると、古い番組から自動で上書き消去します。
※2「全自動モデル」「全自動ディーガ」とは、「チャンネル録画」機能を使って予約なしで複数のチャンネルを同時に自動録画する当社製レコーダーを指します。有料放送をチャンネル録画する場合は、有料放送事業者との視聴契約が必要です。また、データ放送は録画できません。4K放送の有料番組を通常録画中は、該当番組のチャンネル録画は一時停止します。通常録画とチャンネル録画で同じ有料放送の番組を同時に録画する場合、ACAS番号(視聴・録画用)とチャンネル録画用のB-CASカードのB-CAS番号の両方で契約が必要になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る