東陽テクニカ、仮想基盤・VDIの管理/監視/ボトルネック可視化ツール「Uila」の最新バージョン ver.4.5を発売

東陽テクニカ、仮想基盤・VDIの管理/監視/ボトルネック可視化ツール「Uila」の最新バージョン ver.4.5を発売

発表日:2022年04月26日
仮想基盤・VDIの管理/監視/ボトルネック可視化ツール「Uila」
最新バージョン ver.4.5を発売

〜 新たにNutanix AHVなどをサポート 〜
株式会社東陽テクニカ(本社 : 東京都中央区、代表取締役社長 : 高野 俊也(こうの としや) 以下 東陽テクニカ)は、仮想環境の問題切り分けや、ボトルネックの可視化を行うための解析ソリューションソフトウェア「Uila」の最新バージョン ver.4.5を2022年4月26日に販売開始いたします。「Uila」ver.4.5は、Acropolis ハイパーバイザー(以下 AHV)が動作しているNutanix HCIについて、Prism CentralおよびPrism Element環境のいずれもサポートすることにより、VMware、Microsoft、Nutanixまたは任意のパブリッククラウドベンダーのうち複数のアーキテクチャをサポートする環境全体への監視、相関トラブルシュートが可能になります。加えて、インテリジェントレメディエーション機能によりITオペレーションが自動化され、企業内で運用監視/管理を担うIT組織は、必要な業務遂行に集中することができ、作業効率を向上させることが可能になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る