大塚製薬、認知症の診断補助アプリを販売

大塚製薬、認知症の診断補助アプリを販売

発表日:2022年04月27日
【医療関連事業】契約について
アイトラッキング(視線追跡)技術を用いた新規認知機能評価アプリの販売提携契約について
大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:井上眞、以下「大塚製薬」)と株式会社アイ・ブレインサイエンス(本社:大阪府、代表取締役社長:高村健太郎、以下「アイ・ブレインサイエンス」)は、アイトラッキング(視線追跡)技術を用いた認知機能評価アプリ(開発コード:AiBS-01)について、日本国内における独占販売契約を締結しました。本製品は、薬事承認を取得した認知症スクリーニング検査として日本初のアプリとなる可能性があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る