アイリスオーヤマ、SLAM方式を搭載した配膳・運搬ロボット「Keenbot Laser アイリスエディション」を発売

アイリスオーヤマ、SLAM方式を搭載した配膳・運搬ロボット「Keenbot Laser アイリスエディション」を発売

発表日:2022年07月12日
天井の高い施設でも導入可能
エリア全体への天井マーカーが不要で約4時間で設置できる「Keenbot Laser アイリスエディション」販売開始
アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、SLAM方式(※1)を搭載した配膳・運搬ロボット「Keenbot Laser アイリスエディション(※2)」を2022年7月12日より販売開始します。
※1:地図の中のロボット自身の所在や向きを認識する「位置特定」と、周辺環境を把握する「地図作成」を同時に行い、その情報をもとに運転するシステム。
※2:KEENON Robotics株式会社(本社:中国上海、代表:Tony Li)製造。KeenbotはKEENON Robotics株式会社の登録商標です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る