ローム、車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発

ローム、車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発

発表日:2022年07月21日
映像伝送経路のシンプル化を実現す
車載マルチディスプレイ向けSerDes IC「BU18xx82-M」を開発
フルHD対応品では業界唯一(※)となるEnd to Endのデータ監視により、機能安全にも貢献
※2022年7月21日現在 ローム調べ
<要旨>
ローム株式会社(本社:京都市)は、マルチ画面化する車載ディスプレイに向けて、フルHD(1,980×1,080ピクセル)対応のSerDes IC( https://www.rohm.co.jp/product-info/serdes-ics)(※1)(シリアライザ:BU18TL82-M、デシリアライザ:BU18RL82-M)を開発しました。
※1)SerDes IC
データの高速伝送を目的として、通信方式の変換を行うために、対で使う2つのICの総称。シリアライザ(Serializer)でデータを高速で伝送しやすい形に変換(パラレルバスをシリアルバスに変換)し、デシリアライザ(Deserializer)は伝送されてきたデータを元の形に変換(シリアルバスをパラレルバスに変換)する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る