DINOS、国産早生広葉樹 センダンを使用した家具を発売

DINOS、国産早生広葉樹 センダンを使用した家具を発売

発表日:2022年07月25日
〜杉やひのきに比べ約1/3の期間で伐採可能、日本の林業の活性化にも貢献〜
ディノスが、国産早生広葉樹「センダン」を使ったサステナブルな家具を新発売
株式会社DINOS CORPORATION(本社:東京都中野区)は、日本の木材不足を救う可能性を秘めた素材として近年注目を集める、国産早生広葉樹の「センダン」を使用したサステナブルな家具を、ディノスオンラインショップ(https://www.dinos.co.jp/)にて、2022年7月25日に新発売しました。
センダンは、現在天然の自生木しかなく、希少な木材であることから、一般家庭向け家具の量産が難しいとされています。その一方で、樹齢15年から20年と早期に伐採でき活用が可能なため、植樹を行い活用を進めることで、日本の林業活性化への貢献も期待されています。また、杉やヒノキなどの針葉樹と比較すると十分な強度があって加工しやすいため、家具材に向いています。さらに、成長の早さに比例してCO2の吸収能力が高いため、CO2削減にも寄与すると言われています。そんなセンダンを使ったテレビ台とブックラックを今回ラインアップしました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る