日立建機、小型振動ローラ向け衝突被害軽減アシスト装置をオプション発売

日立建機、小型振動ローラ向け衝突被害軽減アシスト装置をオプション発売

発表日:2022年08月03日
小型振動ローラ向け衝突被害軽減アシスト装置をオプション発売
障害物を検知して衝突被害の軽減を支援、道路工事現場の安全性向上に寄与
日立建機株式会社(執行役社長:平野 耕太郎/以下、日立建機)は、国土交通省排出ガス対策型建設機械指定機である小型振動ローラ ZC-5シリーズ(*)のオプションとして、作業中に障害物を検知した際に、車体速度と物体までの距離に応じて、段階的に衝突被害の軽減を支援する「衝突被害軽減アシスト装置」(以下、本装置)を、日本国内向けに2022年10月より発売します。標準小売価格は145万円(税抜)、販売目標は年間200台を見込んでいます。
*対象機種:コンバインド振動ローラ 2機種(ZC50C-5、ZC35C-5)、タンデム振動ローラ 2機種(ZC35T-5、ZC50T-5)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る