ソフトバンク、デスクトップサービス「クラウドデスクトップコントロール」を提供開始

ソフトバンク、デスクトップサービス「クラウドデスクトップコントロール」を提供開始

発表日:2020年11月5日
Microsoft Azure基盤のDaaSをVMware Horizon Cloudで管理できる「クラウドデスクトップコントロール」を提供開始
~ソフトバンク独自のサポートサービスも提供し、企業の多様なテレワークニーズに対応~
ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、日本マイクロソフト株式会社(以下「日本マイクロソフト」)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を基盤とするDaaS(クラウド型仮想デスクトップサービス)である「Windows Virtual Desktop」を、「VMware Horizon(R) Cloud Service(TM)(以下「Horizon Cloud」)」の管理コンソールで一元的に管理・操作できるデスクトップサービス「クラウドデスクトップコントロール」の提供を、2020年11月5日から開始しました。ソフトバンクは、「Horizon Cloud」を二つのサブスクリプション形式で提供する他、システム障害時の原因の切り分けなどのサポートも行います(※1)。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る