電通、気象データを活用し未来の消費ニーズを予測する指数「ウレビヨリ」(β版)を開発

電通、気象データを活用し未来の消費ニーズを予測する指数「ウレビヨリ」(β版)を開発

発表日:2020年10月30日
気象データを活用し、未来の消費ニーズを予測「ウレビヨリ」(β版)を開発
株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、理事長:長田 太)と、全国11エリアの日平均気温、日照時間、降水時間、湿度などの気象状況に応じて商品の需要を予測する指数「ウレビヨリ」(β版)を開発しました。過去9年分の気象データと購買データを基に、2週間先の需要予測を可能としマーケティングに活用いただけます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る