電通、AIを活用しCM効果を高めるパターンを提案するシステム「RICH FLOW(リッチフロー)」(β版)を開発

電通、AIを活用しCM効果を高めるパターンを提案するシステム「RICH FLOW(リッチフロー)」(β版)を開発

発表日:2020年10月30日
広告主間でテレビスポット広告枠を組み換え、CM効果を高める新システム「RICH FLOW」(β版)を開発
-AIを活用し最適な組み換えパターンを特定-
株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、テレビスポット広告において、複数の広告主間で広告枠の組み換え(※1)を行い、広告効果を向上させる最適パターンを提案する新システム「RICH FLOW(リッチフロー)」(β版)を開発しました。AIを活用し(※2)、各社が取得したテレビスポット広告枠の中で、広告主のニーズに基づく最適な組み換えパターンを特定。対応可能な放送局と連携し、適切に広告枠の組み換えを行うことで、より効果的なテレビスポット広告の出稿が可能となります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る