富士通SSL、ローコード開発プラットフォーム「OutSystems」を提供開始

富士通SSL、ローコード開発プラットフォーム「OutSystems」を提供開始

発表日:2020年11月9日
ローコード開発プラットフォーム「OutSystems」を提供開始
~高速開発を可能とする「OutSystems」により、お客様のDX実現を支援~
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:川崎市中原区、代表取締役社長:土肥 啓介、以下 富士通SSL)は、OutSystems社のローコード開発プラットフォーム「OutSystems」を2020年11月9日に販売開始します。当社はローコード開発プラットフォームのリーダーであるOutSystems社と協業し、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現を支援していきます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る