OKI、EV・HV搭載機器向け「大電力対応シロキサン暴露試験サービス」を開始

OKI、EV・HV搭載機器向け「大電力対応シロキサン暴露試験サービス」を開始

発表日:2020年11月9日
OKI、EV・HV搭載機器向け「大電力対応シロキサン暴露試験サービス」開始
~顧客機器仕様に合わせたオリジナル自動打鍵試験機製作にも対応~
OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:橋本 雅明、本社:東京都練馬区、以下 OEG)は、EV(電気自動車)・HV(ハイブリッド車)に搭載する電子機器を対象とした「大電力対応シロキサン(※1)暴露試験サービス」を、11月10日から開始します。電装品や車載機器メーカーの製品開発を支援し、今年度1,000万円の売り上げを目指します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る