プラス、介護ワークシェアリングサービスと連携し「スマート介護」×「カイスケ」で介護現場の人手不足を解消

プラス、介護ワークシェアリングサービスと連携し「スマート介護」×「カイスケ」で介護現場の人手不足を解消

発表日:2020年11月10日
プラス、業界初の介護ワークシェアリングサービスと連携
「スマート介護」×「カイスケ」で介護現場の人手不足を解消
-1日数時間単位で就労可能な仕組みで休眠資格者もより働きやすく―
プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉忠久、以下 プラス)は、業界初の介護ワークシェアリングサービス「カイスケ」を展開するカイテク株式会社(東京都港区 代表取締役 武藤高史、以下 カイテク)に出資し、資本業務提携を締結。2020年11月11日より、2社協働による介護人材に特化した採用支援サービスを1都3県で開始いたします。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る