パナソニック、オフィス全国13拠点の入退管理に顔認証(KPAS)を導入

パナソニック、オフィス全国13拠点の入退管理に顔認証(KPAS)を導入

発表日:2020年11月12日
自社オフィス全国13拠点の入退管理に顔認証(KPAS)を導入
~約15,000名の社員IDをサーバーで一元管理し勤怠システムとも連携~
パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉達夫)は、自社オフィス全国13拠点50箇所、約15,000名(※1)の社員を対象に、顔認証による入退管理を運用開始しました。本システムは、ディープラーニングを応用した世界最高水準(※2)の顔認証技術を活用する「顔認証 入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS(ケイパス)」を導入したものです。今年3月(※3)より汐留本社で一部運用してまいりましたが、さらなる利便性・生産性向上を目指し、このたび全国の拠点へ運用拡大しました。運用拡大に伴い、管理運営の効率化をはかるため、全国の拠点をサーバーで一元管理し、勤怠管理システムとのスムーズな連携も実現しました。社員の利便性・生産性や安全性をかなえながら、管理運営側の負担軽減にもつながる、次世代型のオフィス運営を自ら実践します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る