三井住友海上、ドライブレコーダー・テレマティクスサービス「F-ドラ」に「あおり運転の疑い」検知機能を追加

三井住友海上、ドライブレコーダー・テレマティクスサービス「F-ドラ」に「あおり運転の疑い」検知機能を追加

発表日:2020年11月12日
~ドライブレコーダー・テレマティクスサービス『F-ドラ』に新機能追加~
「あおり運転の疑い」検知機能の提供開始について
MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之、以下「三井住友海上」)は、2021年1月より、フリート契約向けドライブレコーダー・テレマティクスサービス『F-ドラ』に、従業員の「あおり運転の疑い」を検知する機能を追加します。
本機能は、三井住友海上および専用ドライブレコーダーを共同開発した株式会社JVCケンウッド(社長執行役員CEO:江口 祥一郎、以下「JVCケンウッド」)の両社で開発したものです。専用ドライブレコーダーのADAS(先進運転支援システム)が、一定速度以上で走行し、前方車両との車間距離が継続的に短い状態となっている運転を検知します。「あおり運転の疑い」を検知すると、専用ドライブレコーダーから運転者に注意喚起を促すアラートを発信します。また、企業の管理者は、専用サイト上で、その発生事実と映像を確認することができます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る