大日本印刷、斜めから見た時の有機ELディスプレイの青みを改善する光学フィルム「ブルーシフト改善フィルム」を開発

大日本印刷、斜めから見た時の有機ELディスプレイの青みを改善する光学フィルム「ブルーシフト改善フィルム」を開発

発表日:2020年11月13日
斜めから見た時の有機ELディスプレイの青みを改善する光学フィルムを開発
大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、スマートフォンやタブレット端末、パソコン等の有機ELディスプレイを斜めから見た際に、画面が青みがかって見える現象「ブルーシフト」を改善する「ブルーシフト改善フィルム」を開発しました。このフィルムをディスプレイに内蔵することによって、どの角度から画面を見ても青みを抑えることができます。
・ブルーシフト改善フィルム
https://youtu.be/mDpi6emSMG4

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る