大日本印刷、AIなどを活用してモノをつかむ「ロボットグリッパー」向けに伸縮自在な「接触センサーユニット」を開発

大日本印刷、AIなどを活用してモノをつかむ「ロボットグリッパー」向けに伸縮自在な「接触センサーユニット」を開発

発表日:2020年10月9日
ロボットグリッパー向けの伸縮自在な接触センサーユニットを開発
傷みやすい果物や野菜などのピッキング作業の自動ロボット化を実現
大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、AIやセンサー等を活かしてモノをつかむ「ロボットグリッパー」に対し、樹脂等の柔軟な部分にも直接装着できる、DNP独自の伸縮自在な配線構造を持つ「接触センサーユニット」を開発しました。このユニットにより、これまで人が行ってきた果物や野菜などのピッキング作業を、柔軟性のあるロボットグリッパーで自動化できるようになり、省人化を実現します。
DNPは本製品を、2020年10月20~23日にオンラインで開催される展示会「CEATEC 2020 ONLINE」の産業技術総合研究所ブース内で展示します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る