鹿島、壁面吹付塗装ロボットを実工事に適用

鹿島、壁面吹付塗装ロボットを実工事に適用

発表日:2020年11月16日
壁面吹付塗装ロボットを実工事に初適用
大面積の内装壁面塗装において約3割の労務削減を実現
鹿島(社長:押味至一)は、株式会社竹延(本社:大阪府大阪市、社長:竹延幸雄、以下竹延)と壁面吹付塗装ロボットを共同開発し、実工事に初適用しました。本ロボットの適用により、熟練塗装工と同等の塗装品質を確保しながら、塗装作業全体に要する人工を、従来の人による作業と比べて約3割削減しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る