川崎重工、2段過給システムを搭載した7.5MW級新型ガスエンジン(1基)を受注

川崎重工、2段過給システムを搭載した7.5MW級新型ガスエンジン(1基)を受注

発表日:2020年11月16日
クラス世界最高となる発電効率51.0%の新型ガスエンジンを初受注
川崎重工は、伊丹産業株式会社(兵庫県伊丹市)より、2段過給システムを搭載した7.5MW級新型ガスエンジン(1基)を受注しました。今年6月に市場投入したカワサキグリーンガスエンジン「KG-18-T」の初号機となり、2022年4月の運転開始を予定しています。
「KG-18-T」は、2011年の初受注以降、180台以上の販売実績がある従来機をベースに、さらなる性能の向上を目的に開発したものです。出力は7,800kW(50Hz)、7,500kW(60Hz)で、新開発した2段過給システムの搭載により発電効率は当社従来機と比較して1.5%向上し、本出力クラスでは世界最高の51.0%(※1)です。NOx排出量は200ppm(※2)以下であり、環境規制の厳しい多くの都市部への対応が可能です。また、起動指令後5分で最大出力に到達可能な優れた起動性を有しており、電力網の需給調整力の向上に寄与します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る