富士フイルム、「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー(80%)」が新型コロナウイルスの感染抑制効果を確認

富士フイルム、「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー(80%)」が新型コロナウイルスの感染抑制効果を確認

発表日:2020年11月16日
富士フイルム独自の抗菌技術「Hydro Ag+(ハイドロエージープラス)」を活用した環境清拭材「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー(80%)」
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染抑制効果を確認
富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、当社独自の抗菌技術により除菌効果が長く持続する環境清拭材「Hydro Ag+(ハイドロ エージープラス)アルコールクロス/スプレー(80%)」について、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する効果確認のための評価試験において、99%以上のウイルスを不活化したという結果を得ました(※1)のでお知らせいたします。本評価は、帯広畜産大学との共同研究の一環で実施いたしました。「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー(80%)」を用いた環境清拭を継続的に実施することで、SARS-CoV-2の感染抑制効果が期待できます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る