ビシェイ、完全一体型車載グレード近接センサー2種を発表

ビシェイ、完全一体型車載グレード近接センサー2種を発表

発表日:2020年11月17日
ビシェイ社、車載グレード近接センサーを発表
20μmまでの高解像度、フォースセンサーに最適
誤ったトリガーを防ぎ、車載、消費者、産業アプリケーションに最適 低背SMDパッケージで提供
ビシェイ・インターテクノロジー社(米国ペンシルバニア州、NYSE:VSH、日本法人:ビシェイジャパン株式会社、東京都渋谷区、代表取締役社長:小澤政治)のオプトエレクトロニクス部門は本日、20μmまでの高解像度を提供し、フォースセンサー・アプリケーションに最適な2種の完全一体型車載グレード近接センサーを発表しました。デバイスは、0.75mmと低背で4mmx2.36mm表面実装型パッケージにフォトダイオード、増幅器、ADC回路を内蔵します。VCNL3030X01( https://www.vishay.com/ppg?84960 )は組み込みの赤外エミッタ(IRED)を特長とし、VCNL3036X01( https://www.vishay.com/ppg?84937 )は3個までの外付けIREDとの連動が可能で、その外付けIREDをコントロールするドライバーを内蔵します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る