古野電気、手のひらサイズの基準信号発振器「フィールド・タイムシンク・ジェネレーター」を開発

古野電気、手のひらサイズの基準信号発振器「フィールド・タイムシンク・ジェネレーター」を開発

発表日:2020年11月16日
フィールド・タイムシンク・ジェネレーター「TB-1」を開発
持ち運び可能な手のひらサイズの基準信号発振器
古野電気株式会社(本社:兵庫県西宮市、古野幸男社長、以下、当社)は、このたび第5世代移動通信システム(5G)など、モバイル基地局での高精度同期遅延測定および地上デジタル放送の周波数測定など、無線通信機器開発・運用に最適な、手のひらサイズの基準信号発生器「フィールド・タイムシンク・ジェネレーター(型式:TB-1)」を開発しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る