富士通、スーパーコンピュータ「富岳」がTOP500・HPCG・HPL-AI・Graph500にて2期連続世界第1位を獲得

発表日:2020年11月17日
スーパーコンピュータ「富岳」
TOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500にて2期連続世界第1位を獲得
理化学研究所(理研)と富士通株式会社(富士通)が共同で開発しているスーパーコンピュータ「富岳」は、世界のスーパーコンピュータに関するランキングの、(1)「TOP500」、(2)「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」、(3)「HPL-AI」、(4)「Graph500」のすべてにおいて、第2位に大きな差をつけて、第1位を獲得しました。この結果は「富岳」のフルスペック(432筐体、158,976ノード)によるもので、「ISC2020」(2020年6月時)の数値を上回り2期連続の世界第1位を獲得しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る