OKI、海底・海中から安定した映像を伝送する水中音響通信技術を用いた実証実験に成功

OKI、海底・海中から安定した映像を伝送する水中音響通信技術を用いた実証実験に成功

発表日:2020年11月18日
業界初、海底・海中と揺れる洋上母船間での水中音響通信による安定した映像伝送を実現
~波浪などによる水中音響通信の乱れを自動補正し、安定した映像伝送を実現する技術を実海面で実証~
OKI、およびOKIグループの海洋計測、調査に関するコンサルティングから海洋計測機器の開発・販売までを行っているOKIシーテック(社長:中井 敏久、本社:静岡県沼津市)は、2020年10月、波浪によって揺れ動く洋上の母船に対して海底・海中から安定した映像を伝送する、水中音響通信技術を用いた実証実験に成功しました。本実証実験は、波浪が発生する実海面での水中音響通信による映像伝送を実現させたものであり、業界で初めてとなります。これにより、活用が期待される海洋鉱物資源を探査・調査する作業の効率を飛躍的に高めることが可能となります。なお本実証実験は駿河湾内海域において、OKIシーテックの計測船「ひびき」を用いて実施しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る