小田急電鉄、MaaSアプリ「EMot」により丹沢・大山エリアの観光を促進

小田急電鉄、MaaSアプリ「EMot」により丹沢・大山エリアの観光を促進

発表日:2020年11月18日
お得な地域消費チケットやリアルタイム混雑情報でコロナ禍のお出かけをサポート!
11月20日から、MaaSアプリ「EMot」により丹沢・大山エリアの観光を促進
~神奈川県「地域周遊を促進する新たな観光モデル創出推進事業」として取り組みます~
小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2020年11月20日(金)から2021年2月28日(日)(※)まで、MaaSアプリ「EMot」を活用して丹沢・大山エリアを中心に厚木・伊勢原・秦野市内のお出かけを促進する「あつぎ・いせはら・はだのから始まる丹沢・大山 HEALTHY TOURISM」を展開します。

小田急電鉄、MaaSアプリ「EMot」により丹沢・大山エリアの観光を促進
小田急電鉄、MaaSアプリ「EMot」により丹沢・大山エリアの観光を促進

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る