ソニー、「Cinema Line」からコンパクトな映像制作用カメラ「FX6」を発売

ソニー、「Cinema Line」からコンパクトな映像制作用カメラ「FX6」を発売

発表日:2020年11月18日
フルサイズイメージセンサー搭載でシネマの印象的な映像表現を実現する
Cinema Line新商品 コンパクトな映像制作用カメラ『FX6』発売
ソニーは、デジタルシネマ制作で培った映像表現力と、最先端のデジタルイメージング技術を生かした映像制作用カメラ商品群Cinema Line(シネマライン)の新商品として、35mmフルサイズ裏面照射型イメージセンサー搭載のコンパクトなレンズ交換式カメラ『FX6』を発売します。
『FX6』は、CineAltaカメラ『VENICE』で培ったシネマの映像表現と、映像技術にさまざまな革新をもたらしたデジタル一眼カメラα(TM)(Alpha(TM))の技術を融合した、αブランド製品初のプロフェッショナル用動画機です。35mmフルサイズ有効約1026万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R(TM)(エクスモアアール)搭載による高感度性能とシネマの描写力を併せ持ち、浅い被写界深度を生かした印象的なぼけ描写を実現します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る