BASF、自動車内装の質の高い表面を可能にするUltramidを発表

BASF、自動車内装の質の高い表面を可能にするUltramidを発表

発表日:2020年11月19日
自動車内装の質の高い表面を可能にするUltramid(R)を発表
目に見える部品の表面の質を高めると同時に低VOCを実現する次世代の構造材料
塗装が不要なため、部品の製造プロセスを短縮
この資料はBASF本社(ドイツ)が2020年10月6日に発表した英語のプレスリリースをBASFジャパンが日本語に翻訳・編集したものです。
BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、自動車の内装に独特の外観を与える、高品質かつ魅力的な次世代の表面強化用構造材料として、Ultramid(R) B3E2G6 SI BK23353とUltramid(R) B3E2G10 SI BK23353を開発し、発表しました。ポリアミド6をベースとしたガラス繊維強化タイプのこの2種類は、VOC超低排出で紫外線安定性が高く、自動車内装の目に見える機能部品での使用に最適です。BASFでは2017年に光沢と耐久性を兼ね備えた自動車内装用の特殊ポリアミド、Ultramid(R) Deep Glossを市場投入しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る