JVCケンウッド、医用画像表示モニター「i3シリーズ」から「30.9型1200万画素カラー液晶モニター」を発売

JVCケンウッド、医用画像表示モニター「i3シリーズ」から「30.9型1200万画素カラー液晶モニター」を発売

発表日:2020年11月19日
業界最高水準(※1)となる高解像度 1200万画素に対応し、さまざまな医用画像の同時表示が可能
30.9型 1200万画素カラー液晶モニター「CL-S1200」を発売
~手が触れる頻度が高い筐体部分に抗菌(※2)コーティングを実施~
株式会社JVCケンウッドは、JVCブランドより、医用画像表示モニター「i3シリーズ」の新ラインアップとして30.9型 1200万画素カラー液晶モニター「CL-S1200」を2021年1月下旬より発売します。
※1:2021年1月下旬発売予定、放射線画像診断で利用される医用モニターとして(2020年11月19日現在、当社調べ)。
※2:全ての菌に対して抗菌効果を有するわけではありません。抗菌コーティングはスタンドおよびガラスフィルターを除きます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る