タレスジャパン、海上自衛隊への自律型水中航走式機雷探知機提供に向け三菱重工と協業

タレスジャパン、海上自衛隊への自律型水中航走式機雷探知機提供に向け三菱重工と協業

発表日:2020年11月24日
タレス、海上自衛隊への自律型水中航走式機雷探知機提供に向け
三菱重工と協業
三菱重工業の水中無人機(UUV)である自律型水中航走式機雷探知機「OZZ-5」向けに、高周波合成開口ソナー(HFSAS)「SAMDIS」を提供する契約を締結
実績のある技術を日本国内メーカーに導入することで、日本の防衛力の向上に貢献
タレスグループ(仏)の日本法人であるタレスジャパン株式会社(本社:東京港区、代表取締役社長:シリル・デュポン、以下 タレスジャパン)は、三菱重工業株式会社(以下 三菱重工)が海上自衛隊に提供する自律型水中航走式機雷探知機向けに高周波合成開口ソナー(HFSAS)「SAMDIS」を提供する契約を締結したことを発表しました。タレスと三菱重工は、高精度の類別が可能な最新世代の高解像度合成開口ソナーの装備において、海上自衛隊から高い信頼を得ています。タレスの技術は世界中の海上防衛に採用されており、今日の世界最高水準の防衛力を提供します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る