富士フイルム、約4億画素の画像を忠実な色再現で撮影・生成できる機能「ピクセルシフトマルチショット」を開発

富士フイルム、約4億画素の画像を忠実な色再現で撮影・生成できる機能「ピクセルシフトマルチショット」を開発

発表日:2020年11月25日
ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」を文化財のデジタルアーカイブ用途に応用
世界最高(※1)約4億画素の画像を忠実な色再現で撮影・生成できる新機能「ピクセルシフトマルチショット」を開発
本日より本機能の利用が可能なファームウェア・ソフトウェアを提供開始
富士フイルム株式会社(社長:助野健児)は、ラージフォーマットセンサー(※2)を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」(以下、「GFX100」)向けに新機能「ピクセルシフトマルチショット」を開発しました。「ピクセルシフトマルチショット」は、世界最高約4億画素の画像を忠実な色再現で撮影・生成できる機能で、美術品や建築物など文化財のデジタルアーカイブ用途に最適です。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る