九大・ソフトバンク・豆蔵、データの品質を数理的に判定する「データ格付け」の共同研究を開始

九大・ソフトバンク・豆蔵、データの品質を数理的に判定する「データ格付け」の共同研究を開始

発表日:2020年11月26日
九州大学、ソフトバンクおよび豆蔵が、データの品質を数理的に判定する「データ格付け」の共同研究を開始
~産官学のデータの品質を明確化し、データの相互利用とデータ流通市場の活性化を目指す~
国立大学法人九州大学(以下「九州大学」)、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)および株式会社豆蔵(以下「豆蔵」)は、企業や自治体、教育・研究機関などで蓄積されているさまざまなデジタルデータ(以下「データ」)について、データの品質を数学的な理論を用いて客観的に判定し、格付けとして明示する「データ格付け」の実現に向けた共同研究を、2020年11月から開始しました。3者は、「データ格付け」により産官学が保有するデータの品質を明確化することで、データの相互利用の促進や、データ流通市場の活性化を目指します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る