富士フイルム、カセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Flow」を発売

富士フイルム、カセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Flow」

発表日:2020年12月01日
“薄型フィルムのTFT基板”をセンサーパネルに初めて採用
シリーズ最軽量(※2)のワイヤレスカセッテサイズデジタルX線画像診断装置
CALNEOシリーズ「FUJIFILM DR CALNEO Flow(カルネオ フロー)」
高画質・低線量を追求したハイエンドモデルをラインアップ

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、X線を読み取るセンサーパネルに軽量な薄型フィルムのTFT基板(以下、フレキシブルTFT)を初めて採用し、当社画像読取技術ISS方式と組み合わせてさらなる軽量化と高感度化を実現したカセッテサイズデジタルX線画像診断装置(以下、カセッテDR)「FUJIFILM DR CALNEOFlow(カルネオ フロー)」を、富士フイルムメディカル株式会社(社長:川原 芳博)を通じて12月1日に発売します。「CALNEO Flow」は、蛍光体に温度や湿度などの環境変化に強いGOS(ガドリニウムオキサイドサルファ)と、X線エネルギーの変換効率が高いCsI(ヨウ化セシウム)を採用した2種類、各2サイズ(14×17インチ、17×17インチ)をラインアップし、「FUJIFILM DR CALNEO」シリーズ(以下、カルネオシリーズ)のハイエンドモデルとして計4機種で展開します。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る