凸版印刷、包材向けのハイバリア紙「GL-X-P」を開発

凸版印刷、包材向けのハイバリア紙「GL-X-P」

発表日:2021年09月17日
凸版印刷、包材向けのハイバリア紙を開発
食品やトイレタリー製品などの紙製包材用途に、高いバリア性と耐屈曲性を実現
日本国内と海外市場に展開

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、高い水蒸気バリア性と優れた耐屈曲性を有し、幅広い内容物と包材形状に対応できるバリア紙「GL-X-P」を開発しました。国内・国外の食品メーカーやトイレタリーメーカーを始めとした幅広い業界に向け、2021年9月下旬よりサンプル出荷を開始し、2022年春より本格的な販売を開始します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る