JVCケンウッド・公共産業システム、音声認識表示ソフトウェア「TZ-TRACER」を発売

JVCケンウッド・公共産業システム、音声認識表示ソフトウェア「TZ-TRACER」

発表日:2021年10月28日
AI音声認識エンジン「AmiVoice(R)」を採用し、地方議会などでリアルタイムに、精度の高い文字起こしが可能
音声認識表示ソフトウェア「TZ-TRACER」を発売

~発言内容の文章表示や字幕表示を実現し、議会運営のユニバーサルデザイン対応を推進~
JVCケンウッドグループの株式会社JVCケンウッド・公共産業システムは、JVCブランドより、発言者の音声を自動で文字に変換し、文章あるいは字幕で表示をすることができる音声認識表示ソフトウェア「TZ-TRACER」を本日10月28日より発売します。
本ソフトウェアは、AI音声認識エンジン「AmiVoice(R)」を採用し、リアルタイムに、精度の高い文字起こしが可能。地方議会などにおける発言内容を、傍聴席の場内モニター画面には文章で表示し、インターネット中継や庁内配信などの発言者の映像には、字幕で表示することができます。本ソフトウェアにより、議会における発言を可視化することで、議会運営における難聴者支援など、ユニバーサルデザイン対応への推進をサポートします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る