キヤノン、監視カメラ向けCMOSセンサー「Ll7060SAC」を発売

キヤノン、監視カメラ向けCMOSセンサー「Ll7060SAC」

発表日:2021年11月26日
明暗差の大きな環境下でも効率よく高画質なHDR画像を取得可能
監視カメラ向けCMOSセンサー”Ll7060SAC”を発売

キヤノンは、2回の露光(※1)で120dB(デシベル)のハイダイナミックレンジを実現できる(※2)有効画素数約281万画素(1936×1456)の1/2.3型CMOSセンサーの新製品”LI7060SAC”を2021年12月下旬に発売します。
※1 センサーに光があたることで、画像を取得すること。
※2 センサー内でHDR合成はできません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る