スカイロジック、流通・輸出入向け – 箱寸法と重量を同時に2秒で測定する自動計測システム BoxMetrixを開発

スカイロジック、流通・輸出入向け - 箱寸法と重量を同時に2秒で測定する自動計測システム BoxMetrixを開発

発表日:2022年06月08日
流通・輸出入向け – 箱寸法と重量を同時に2秒で測定する自動計測システム BoxMetrixを開発。
〜 画像処理技術でロジスティクスを効率化 〜
株式会社スカイロジック(本社:浜松市北区、代表:南野 真吾)は、荷物や貨物のサイズ/重量を同時に2秒で自動計測するシステム BoxMetrix(ボックスメトリックス)の販売を開始しました。輸出を始めとした荷物の輸送では、箱の正確な寸法と重量を書類に記載する必要があります。これまでは、多くの作業現場で人がメジャーと量りでサイズと重量を計測し、手書きで計測値を記入していました。そのため作業者が目盛りを読み間違えたり、手書き時に計測値を誤記入したりするミスが発生していました。さらに帳票などに計測値を転記する際にも同様のミスが発生するリスクがありました。「BoxMetrix」を使えば、作業者は箱を置くだけで幅+奥行+高さと重量が自動でCSVファイルやレシートプリンタなどに出力され、帳票などの自動作成も可能になります。コンベアなどを使わないシンプルな構成のため、既存の作業スペースにカメラをポン付けしてすぐに使い始めることができます。
【URL】 https://www.skylogiq.co.jp/product/boxmetrix/index.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る