キリンビバレッジ、「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」を始動し国内復興応援型商品第一弾を数量限定発売

キリンビバレッジ、「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」

発表日:2021年05月24日
発売35周年を迎える「キリン 午後の紅茶」より「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」始動、第一弾は「熊本応援いちご午後ティー」
~ブランド初の国内復興応援型商品を6月1日(火)より数量限定で新発売~

キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、紅茶飲料No.1ブランド(※1)「キリン午後の紅茶」ブランドの継続的なCSV(※2)活動として「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」を6月1日(火)より始動します。「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」とは復興応援先の国産素材を活用した「午後の紅茶 for HAPPINESS」シリーズの発売、ならびに売上に応じた寄付による継続的な国内復興応援プロジェクトです。第一弾として、「キリン 午後の紅茶 for HAPPINESS 熊本県産いちごティー」を6月1日(火)より全国で数量限定にて新発売します。
※1 株式会社食品マーケティング研究所調べ(2020年実績)
※2 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造
キリングループは2011年より「復興応援 キリン絆プロジェクト(※3)」を開始し、2016年からは熊本地震で被災された皆さまの支援に取り組み、復興から未来へつながる活動を推進してきました。また、「午後の紅茶」ブランドでは、2016年から2018年まで熊本県南阿蘇鉄道見晴台駅や白川水源にてCM撮影を実施し、南阿蘇村の美しい風景を発信するなど熊本県との取り組みを行ってきました。
今回は、キリングループと「午後の紅茶」ブランド双方につながりのある熊本県と取り組みを実施し、同県の復興を応援していきます。
※3 東日本大震災を受けて、2011年7月よりキリングループ各社が一体となってさまざまな復興支援活動を実施

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る