立川ブラインド、「省エネ」と「快適」を両立する「グロスレス遮熱スラット」を発売

立川ブラインド、「省エネ」と「快適」を両立する「グロスレス遮熱スラット」

発表日:2021年07月12日
ヨコ型ブラインドに新スラットをラインナップ
「グロスレス遮熱スラット」
スラット(羽根)の反射光による不快な眩しさや日射熱を抑制し、オフィスや住宅などで「省エネ」と「快適」を両立
8月2日(月)より発売

立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)は、アルミ製ヨコ型ブラインドに、スラット(羽根)の反射光による不快な眩しさを抑えることで、オフィスや住宅などで「省エネ」と「快適」を両立する「グロスレス遮熱スラット」を新たにラインナップし、8月2日(月)より発売します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る