パナソニック、スタジオカメラシステム向けの新型リモートオペレーションパネルを発売

パナソニック、スタジオカメラシステム向けの新型リモートオペレーションパネル

発表日:2021年10月12日
撮影現場で求められる操作感を追求した新リモートオペレーションパネル(ROP)AK-HRP1010を発売
[品名]リモートオペレーションパネル(ROP)
[品番]AK-HRP1010
[本体希望小売価格]715,000円(税抜価格650,000円)
[発売時期]2021年11月

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社(本社:東京都中央区、社長:樋口泰行、パナソニックグループの持株会社制への移行にともない2022年4月より、「パナソニック コネクト株式会社」に変わります)は、スタジオ撮影やスポーツ中継など、国内外の様々な撮影現場で活躍している当社製スタジオカメラシステム向けの新型リモートオペレーションパネル(ROP)AK-HRP1010を2021年11月より発売します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る