キヤノン、映像制作用4Kリモートカメラ2機種向けファームウエアを提供 リモートプロダクションやバーチャルプロダクションの利便性を向上

キヤノン、映像制作用4Kリモートカメラ2機種向けファームウエアを提供 リモートプロダクションやバーチャルプロダクションの利便性を向上

発表日:2022年04月13日
映像制作用4Kリモートカメラ2機種向けファームウエアを提供 リモートプロダクションやバーチャルプロダクションの利便性を向上
キヤノンは、映像制作用4Kリモートカメラ「CR-N500」(2021年5月発売)および「CR-N300」(2021年6月発売)向けファームウエアの無償提供を、2022年8月上旬に開始します。リモートプロダクションの分野で広く採用されている「SRTプロトコル(※1)」と、バーチャルプロダクションの分野で広く採用されている「FreeDプロトコル(※2)」に対応可能となることで、製品の活用の幅を拡大し、多様な映像制作ニーズに応えます。
※1 Haivision社によって開発、オープンソース化され、SRT Allianceを通じてサポートされている映像伝送プロトコル。
※2 主にバーチャルスタジオシステムにおいてカメラのトラッキング情報伝達用に広く採用されているプロトコル。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る