ソニーマーケティング、医療用の3D対応4K液晶モニター2機種を発売

ソニーマーケティング、医療用の3D対応4K液晶モニター2機種を発売

発表日:2022年06月24日
高輝度・高コントラストを実現するHDR信号に新たに対応
細部までクリアに映し出す、医療用の3D対応4K液晶モニター2機種発売
ソニーマーケティング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:粂川滋、以下、ソニーマーケティング)は、HDR(ハイダイナミックレンジ)信号に新たに対応し、独自のローカルディミング(部分駆動)技術により高輝度・高コントラストを実現した医療用の3D対応4K液晶モニター2機種を発売します。手術用の内視鏡や顕微鏡、手術用ロボットなどの3D医療映像を、高精細・高画質で細部までクリアに映し出せる本機は、高い精度が求められる手術時の視認性向上に貢献します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る