小田急不動産とomusubi不動産、賃貸サービス「小田急ありのまま賃貸 〜空き家活用DIY賃貸〜」を開始

小田急不動産とomusubi不動産、賃貸サービス「小田急ありのまま賃貸 〜空き家活用DIY賃貸〜」を開始

発表日:2022年07月14日
築年数の経過した物件の特性を活かした、新しい賃貸サービス
「小田急ありのまま賃貸 〜空き家活用DIY賃貸〜」を開始
〜空き家に悩むオーナーと自分らしい空間づくりを求める入居者、双方のニーズに応え、沿線の空き家課題解決を目指します〜
小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:五十嵐 秀)とomusubi不動産(運営会社:有限会社トノコーポレーション 本社:千葉県松戸市 取締役:殿塚 建吾)は、2022年4月に締結した空き家再生に関する「基本協定書」に基づき、DIY型賃貸(1)を特長とする空き家サブリース事業「小田急ありのまま賃貸 〜空き家活用DIY賃貸〜」をサービスインし、7月14日(木)よりオーナー募集を開始しますのでお知らせします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る