JVCケンウッド、記録・通信型アルコール検知器「CAX-AD300」を発売

JVCケンウッド、記録・通信型アルコール検知器「CAX-AD300」を発売

発表日:2022年08月23日
記録・通信型アルコール検知器「CAX-AD300」を発売
Bluetooth®搭載、スマートフォンと連携※1して測定結果を管理者のPCにメールで自動送信
株式会社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、記録・通信型アルコール検知器「CAX-AD300」を8月下旬より発売します。スマートフォンと連携※1して、運転者のアルコール濃度を測定後、その測定結果と測定者情報を管理者のPCへメールで自動送信します。管理者は、PC用管理ソフトウエア(無料)※3を使って、測定結果を測定履歴として保存することが可能です。本機により、道路交通法の施行規則の改正※2で義務化が検討されている検知器を用いたアルコールチェックにも対応できます。
※1:専用のスマートフォンアプリ(無料)が必要です。
※2:「道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令」(2021年11月10日公布)による。なお警察庁は、令和4年10月1日からの施行を予定していた安全運転管理者に対するアルコール検知器の使用義務化に係る規定について、最近のアルコール検知器の供給状況等を踏まえ、当分の間、適用しないこととすること等を内容とする内閣府令案のパブリック・コメントを実施し、その対応を検討しています。
※3:当社公式ホームページよりダウンロードが可能です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る