野村総研、スマートフォン向けATM取引システムの開発支援ツール「QR 照合サービス」の提供を開始

野村総研、スマートフォン向けATM取引システムの開発支援ツール「QR 照合サービス」の提供を開始

発表日:2020年10月30日

野村総合研究所、スマートフォン向けATM取引システムの開発支援ツール「QR 照合サービス」の提供を開始
株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、金融機関向けに、スマートフォンを利用してコンビニエンスストアでATM取引(1)を行うためのシステム開発を支援するツールである「QR 照合サービス」(以下、本サービス)を、10月29日から提供開始しました。
キャッシュカードの代わりにスマートフォンを用いて、コンビニエンスストアのATMで現金の入出金等を行う仕組みは、利用者の利便性やニーズは高いものの、それを提供する多くの金融機関側にとっては、セキュリティ対策やAPIの開発のための負荷が高くなることが課題でした。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る